FC2ブログ

おめでとー御膳(^o^)/

2018-06-11


昨日は、イエズスとリトル・マグダレナの結婚記念日。

で、ちょっと前にリトル・マグダレナが「そぼろ丼たべたい」って言ったの。

それを思い出して、お祝いのごはんはそぼろ丼。

今回は、ぶたちゃん

クララは、たまごのそぼろは甘くないんだけど、

今日の主賓はリトル・マグダレナだから、おこちゃま用に甘いたまごにしたよ。

ごはん少なめ、具いっぱいで、うまし🐎

とってもよろこんでくれたよ。

だからイエズスもうれしいね。

そしてクララも、うれしい、るん♪

結婚記念日おめでとー\(^o^)/

もうすぐ、ふたりが会ってぎゅっとする日がくるよ。

もう、すぐ、だよ。ね、アッバお父ちゃん


2018年6月11日(月)AM10:00
マリアママ「まず、インスピレーションを話して下さい。」
ジャン・マリー「コルベ・マリー・ジョンは、使徒パウロ役のリトル・パウロ、フランソワ・マリーは使徒バルナバ役のリトル・バルナバ。」
マリアママ「愛するコルベ・マリー・ジョンとフランソワ・マリーのことで、聖母がおはなしします。リトル・パウロ役のコルベ・マリー・ジョンは、本当にい異ほう人のために働く使徒になります。パウロがローマを中心に宣教活動をしました。コルベ・マリー・ジョンは、遠くへ行くということではなくて、ここ、清水小屋中心に働きます。エリヤの精神をもつコルベ・マリー・ジョンですが、幻視によって、多くのことが与えられていきます。リトル・バルナバ役のフランソワ・マリーも、名古屋を中心として、特に子供たちを面倒みます。「バルナバ」という意味は、「なぐさめの子」です。フランソワ・マリーは、子どもや老人から好かれ、女の人にたよられる司祭になります。使徒ですから、たくさんの啓示もうけます。愛する我が息子が、非常に苦しんだのは、使徒という役がらが、非常に重い使命をともなっているからで、使徒は殉教しないというのが今までのシナリオでした。しかし、三人の使徒たちが殉教します。そして三日後によみがえります。そういうわけで、使徒としての働きが、どういうものかを、三人は聞いて、愛する我が息子から学んでいって下さい。フランソワ・マリーは、本当に忠実に神秘的なお仕事をしてくれています。フランソワ・マリーにしかできないことを、天が用意しています。コルベ・マリー・ジョンの使徒パウロとしての役わりは、ネット上での戦いと、それにともなって文章をたくさん書きます。使徒パウロがたくさんの手紙を書いたようにです。これで大まかに説明はしましたが、三人の使徒が、愛する我が息子についていきます。どうか、今日というこの日を忘れないで下さい。今日は、バルナバの祝日です。本当につくしたバルナバのことを、みんなで語りあって下さい。祝福します。司祭の祝福を、使徒リトル・パウロ=コルベ・マリー・ジョンと、使徒リトル・バルナバ=フランソワ・マリーにおねがいします。」(祝福)
スポンサーサイト



トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FLASH (フラッシュ) 2013年 8/27号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:22時点)



実話ナックルズ 2013年 06月号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:26時点)



最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール
クララ
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美だよ♪ クララはね、ダビド王家のバロネスなの。 どうだ、まいったか! ( 1530年 生きる謎の女 )

クララのツイッターはこちら

クララのユーチューブちゃんねるはこちら
フリーエリア
最新コメント
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR