FC2ブログ

ヨゼフパがクララにね・・

2010-02-27


クララにとって2007年5月1日は忘れられない日なの。

4月30日に「裸の抱っこ」が始まって次の日、ヨゼフパパに「正しいセックス」が必要だって言われたの。

クララの男性に対する傷を、ヨゼフパパはちゃんと知っていてお話してくれた。

お父さんによって男性への傷をもっているけど、心の奥底では男性の愛を求めていること。

でも誰にも理解してもらえなくて、2度の結婚でさらに傷ついていて、それを癒すのはジャン・マリーだっていうこと。

早速この日から「正しいセックス」が始まったの。

正直なところ、クララはまだ何がなんだかわからない状態だったけど、何の迷いもなくて「はい」って言ってよかった
し、クララのために導いてくれたヨゼフパパには感謝、感謝。

そして5月1日は労働者ヨゼフパパの祝日で、クララにとって特別な日になった。

「正しいセックス」は、今も預言的使命っていうことでそれからずっと続いているよ。

あかねとやよいが生まれるまで続けて、使命をやり遂げたことになる。

それが3月19日。

そしてこの日もヨゼフパパの祝日

--------------------------------
2007年5月1日 PM16:35
マリー・マドレーヌに与えられた、聖ヨゼフ様、聖母マリア様からのメッセージ秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 マリー・マドレーヌ、ヨゼフがあなたに話しをする。クララ・ヨゼファ・メネンデスは幼な子のようでいて、実に大人の女性としての経験を積んでいる。彼女を包む男性が欲しくて、何度か求めたけれども、彼女のことを理解できる人はいなかった。マリー・マドレーヌ、恐れてはいけない。愛する息子が、真実な行動をし、そしてクララ・ヨゼファ・メネンデスを守るには、正しいセックスが必要であり、奇跡による子供を授かる。彼女は、殉教せずに生き、何人もの子供を産む。クララ・ヨゼファ・メネンデスはベッティーナの代役と、バロネスの両方を受け持ち、非常に試練は厳しいが、自分のことでも同じことをするのであれば、彼女の方からそれを望むはずである。様子を見ながら、優しく包んであげて欲しい。彼女の心は、孤独そのものであるし、男性に対する不信頼があり、傷が深いので、情緒的な面も合わせて愛する息子が癒して欲しい。祝福をおくる。今日、二人は新しく神秘的結婚をするに至る。。

聖母マリア様:
 愛する息子に、聖母が話をします。クララ・ヨゼファ・メネンデスを守るには、マリー・マドレーヌの愛も含めて愛する息子が支えてあげて下さい。聖職剥奪されても、天は終生誓願を覚えています。ですから、あなたの心がけの良さを、心から喜んでいます。つまり、彼女の百合にペニスでオーガズムに達し、射精させ、絶対にあなたの精液で、受精することのないためにそうするなら、神はリトル・ぺブルの聖なる輝く棒から、聖霊により、子供を受胎させます。2度の痛い苦しみを負った彼女の傷を癒すには、あなたしかいません。リトル・ぺブルの中にある奇跡の業が、誠に神からのものであるのを証明させ、そしていつもコルベ・マリーも含めて、マリー・マドレーヌと愛する息子が、彼女を支えるのです。祝福を、コルベ・マリーとクララ・ヨゼファ・メネンデス、そして、マリー・マドレーヌにおくります。司祭の祝福をお願いします。

--------------------------------
2007年5月1日 PM18:10
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様、アンナリアからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 マリア様の声で「クララ・ヨゼファ・メネンデスは子供が好きなので、名古屋に一緒に連れて行ってあげて下さい。」って、すごい優しい声で言われたんです。実はこれ、これもちょっと、クララから実際に聞いた話なんですけど「子供がすごく好きで、子供が欲しいの」っていうことを私に話していた事があるんですけどね。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなたがたにお話します。クララ・ヨゼファ・メネンデスには、可愛い子供と遊ぶ時間がとっても必要になります。近々名古屋に一緒に旅行できるようにして下さい。それから彼女に与える聖人が変わります。今まで、ロンジーノとジャンヌ・ダルクでした。けれども、彼女はマリー・マドレーヌと同じように、痛みながら非常な誤解も受けながらなので、マグダラのマリアと幼きイエズスの聖テレジアを、保護の聖人として、むしろ、マリー・レベッカにロンジーノとジャンヌ・ダルクを与えます。メスライオンにさせるため、軍人も両方扱うためです。つまり、クララ・ヨゼファ・メネンデスは、実に母性愛にあふれています。ただ、大変な道のりを行くので、もう一人、ベルナデッタを加えます。彼女の好きな聖人になっているようです。シナリオをたくさん変えるのは、その一人一人の交わりを天は愛し、避雷針の働きのために、だんだん皆が変えられてきています。クララ・ヨゼファ・メネンデスはいっぱい聖人に囲まれることになります。特にベルナデッタを愛する子になります。まだ、よくわからないと言っているけれども、でもベルナデッタを愛し始めています。幻視者・神秘家・恵みの霊魂の保護者ベルナデッタとヨゼフに支えられ、これからもマリー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・メネンデスは守れられ、導かれます。マグダラのマリアも一緒ですから、勇敢な態度を彼女は持てるはずです。そこが、きっぱりと嫌なものは嫌、いいものはいい、という感じで、彼女がはっきり態度を決められる、よい特質を持っています。天は、何か人に要求する時には、「はい」は「はい」、「いいえ」は「いいえ」と言いなさいと言うイエズスの言葉を与えています。人間は何か都合の良くない事を言われると、反応してしまって理由付けしてしまいます。神の哀れみの生活の中で、もう皆を罰しません。哀れみを伝えたいのです。これが、これから起こされる人々に必要な事です。

アンナリア:
 私はアンナリアです。皆さんに挨拶します。イエズスがエルサレム入場で、みんながホザンナを言っていた時に、私は幸せのあまり、死んだアンナリアです。マグダラのマリアと一緒にマリー・マドレーヌを守り、クララ・ヨゼファ・メネンデスも守ります。もうたくさん聖人がいて、誰が誰だかわかんなくなりそうかな?でも大丈夫、いっつも一緒にいる聖人だから、アンナリアはとってもイエズスの麗しさに魅かれて、愛のうちに幸せの絶頂に達して死にました。でも、天国にすぐに行けたのです。今日は、ヨゼフパパの祝日。ヨゼフパパは、本当に優しくて、こんなちっちゃい子にいっぱい恵みをあげたくって、私も一緒に来るように言われました。マリー・マドレーヌとクララ・ヨゼファ・メネンデスを守ります。クララ・ヨゼファ・メネンデスには、違う聖人に変更されています。
秋田もクララ・ヨゼファ・メネンデスが加わったことで、また面白くなりました。彼女は思いっきり男の子になったり、かと思ったら女の子、ちっちゃい女の子になったり、いろんな人格を持っています。でも、コルベ・マリーが人形嫌いなのは、ちょっとどうしたらいいのかな?結婚できませんよ。赤ちゃん取り上げるんでしょ。だから、結婚ではないにしても、赤ちゃんを可愛がってあげてね。おもちゃもあげるんだよ。女の子は人形が好きなんだから、男の子はけん玉とかブロック遊びとか、車の遊びでいいいかもしれないけど、「女の子はやっかいもんだ」と言われちゃったらどうしよう。でも、責めてるんじゃなくって、みんなを明るくさせたくて、この話をしました。祝福します。みんな、愛し合って下さいね。司祭の祝福を、この秋田のメンバーと、これから起こされる名古屋の可愛い3人の子供たちにお願いします。

--------------------------------
2007年5月2日
マリー・マドレーヌに与えられた、寺沢の聖母マリア様、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 彼女の情緒の回復が早まります。そして、もっともっと愛する息子に寄り添うようになります。まだ、何も気付かないし、知らないけれども、彼女に神秘的なかおりが与えられ始めます。男爵としての祝福の始まりになるので、コルベ・マリーと愛する息子が世話をしてあげて下さい。子供のように無邪気な彼女だけれども、話を聞いてくれる人を探し求めています。今いっぱいはしゃいで、幼な子路線につっぱしっている彼女のリーダーシップに乗って、どんどん巻き込まれていきます。可愛いクララ・ヨゼファ・メネンデスなので、愛されている事を認識させる必要性があります。人に対する信頼度が、違った意味でマリー・マドレーヌによく似ています。心が開けたら、いっぱい話します。でも、その情緒の傷も癒されます。祝福します。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

イエズス様:
 何も知らないけれども、少しづつ変わりつつあるクララ・ヨゼファ・メネンデスを、コルベ・マリーと愛する息子が守って欲しい。プレッシャーを与えないように、彼女は何も知らないし、マリー・マドレーヌと同じように、愛する息子に耳を傾けていかなければならないので、今自分の心の内を話し始めている。愛する息子との信頼関係を、クララ・ヨゼファ・メネンデスは持つように、できるだけそのような環境にしてあげて欲しい。

--------------------------------
2007年5月2日 PM23:15
マリー・マドレーヌに与えられた、寺沢の聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 「これから、クララに母乳が出ます」っていうメッセージがでました。

聖母マリア様:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスに、寺沢の聖母が話をします。あなたは、今日一つの恵みを受けました。それは、これから男爵の道を歩む一つのしるしが与えられます。それは、神秘的な香りを感じるようになること、そして赤ちゃんが産まれる、その象徴として、母乳がでます。あなたは、これから母性愛が大変に強くなるので、本当に赤ちゃんを可愛がってあげて下さい。そして、愛するジャン・マリー神父に寄り添って、情緒の傷が癒されていきますから、過去の事を思い出さなくなります。神の祝福は、今あなたに注がれ、バラの花束を、聖母がリトル・ぺブルにつながるものとして、あなたに贈ります。祝福されたもの、幸いな女性と、あなたはこれからなります。たくさんの誤解の中を通るけれども、でも、全部祝福と慰めを、愛する仲間から受けます。祝福します。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いします。

--------------------------------
2007年5月3日 AM10:15
マリー・マドレーヌに与えられた、寺沢の聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
寺沢の聖母マリア様:
愛する息子にマグダラのマリアとアンナリアの取次ぎにより、マリー・レベッカとクララ・ヨゼファ・メネンデスの二人に添い寝と、クララ・ヨゼファ・メネンデスには、正しいセックスをし、ベッティーナの務めを回復できるように、そしてバロネスの使命を果たすことが出来るようにしてあげて下さい。

--------------------------------
2007年5月6日 PM15:15
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様、天使ジュディエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスに、僕、5歳のイエズスが話すよ。クララも、神秘的なことがじきに起きるから、愛する4歳の息子ジャン・マリー神父について行ってね。実に、最初の頃、マリアママが、「あなたはイエズスもマリアも天使もみんな見る」って話したと思うんだけど、これからあなたも幻視者になるから、そして子供を泉が出来た時に、同時に宿すから、大変だ?。けど、でも絶対に乗り越えられる力を、僕のお父さんである神様がくれるから、絶対に愛する4歳の魂でいっぱいの息子ジャン・マリー神父にぴったりくっついて甘えて、神秘的な事柄を識別のための秘密のしるしももらわないといけないから、気をつけてみてね。じきに、それが始まると、アタックもすごくなるから、絶対に怖がらないで、「このやろ?、悪魔め、出てけ!」って言って追い出すんだよ。でも悪魔は力強いから、愛するジャン・マリー神父にいっぱい相談して、「最近こんなことあるんだけど」とか、ちょっとでも、目に見えたり、光のようなもの、また匂いのようなものを感じたりしたら、即報告してくれるかな?すごく緊張するかもしれないけど、でも天は放っておかないんだ、クララ・ヨゼファ・メネンデスのこと。天はやさしいから、天使と遊べるようにいっぱい見せてくれるけれども、悪魔もいるっていうこと、忘れないでね。なぜなら、似せて見せることもあるので、ミッシェル・マリー・フランソワがすごく攻撃されてるの、見てると思う。これからは、ミッシェル・マリー・フランソワといっぱい一致して、幻視者の仲間として、一致して欲しいな。ただ、秘密のしるしについて、絶対一回正しいものが示されたら、ジャン・マリー神父にだけ「こんなしるしなんだけど」って聞いて、それが何度も続くようだったら、それがあなたに与えられるしるしだから、それを見たら誰にもしゃべっちゃ駄目だよ。悪魔に見破られて、すぐ騙されちゃうから。天はしるしをちゃんと携えて出現します。で、しるしの用い方とか、マリー・マドレーヌが自叙伝に残したりしているので、愛するジャン・マリー神父に聞きながら、慎重に取り扱って欲しいな。司祭の祝福を、クララ・ヨゼファ・メネンデスにお願いするね。

天使ジュディエル:
 愛するクララ・ヨゼファ・メネンデスに、いろいろビジョン、出現が起きてきた場合、しるしを求めてなかったら、「イエズスの御名に命じる、サタン出て行け」と言うようにさせて欲しい。先ほど、幼いイエズスが言ったのは、イエズスの立場からの言葉なので、わかりやすくするために話した。司祭が直接指導をして欲しい。


【世紀の大うそつき女の人さらい(・_・)エッ..? クララの告白録2】
ジャン・マリーに従順しなさいって言われていたけど、マリー・レベッカが従順したことは一度も見たことがない。「肉親の情を捨てること。女性的な会話もしないこと。」に関して、何度も指摘されたんだよ。それに関しては、私もなかなか従えなかったけど、彼女は私によく話しかけてきたの。ジャン・マリーにそれを注意されても、ちょっと経つとすぐに元に戻ってしまう。この件だけではなく、すべてに対してそうだったよ。『家事』に関して「男性たちに任せて、休みなさい」って言われたの。それでも、つい手や口を出しては、その度に注意されてたけど、直らなかった。特に、ミッシェル・マリー・フランソワは、本当は自由にやりたい人なのに、口を出される事で萎縮していった。「空いた時間は、マリアママと対話しなさい。私はこういう人間だから、助けてねって言いなさい」って言われていたの。それなのに、一人で部屋にいる時間はマリアママとの時間ではなくて、お祈りをいっぱいしたり、本を読んだり、いわゆる‘信心業’にあててしまっていたの。

ってことで、久々の女の子チームの勝利に大喜び?のマリー・マドレーヌのブログ、よろぴくね♪

http://ameblo.jp/marie-madeleine-rs/
スポンサーサイト



トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FLASH (フラッシュ) 2013年 8/27号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:22時点)



実話ナックルズ 2013年 06月号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:26時点)



最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール
クララ
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美だよ♪ クララはね、ダビド王家のバロネスなの。 どうだ、まいったか! ( 1530年 生きる謎の女 )

クララのツイッターはこちら

クララのユーチューブちゃんねるはこちら
フリーエリア
最新コメント
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR