FC2ブログ

妊娠の兆候なしで出産(・_・)エッ..? 

2010-03-08


クララの出産はね、全妊娠期間中を通してずっと医学的な妊娠の兆候がないの。

2008年2月1日に大出血でびっくりしてね、すぐに病院に行ったの。

天の望みは「いろいろ検査をされるから基本的に病院には行かないで」っていうことなんだよ。

でもあまりの出血の量で、どこからの出血かわからなかったし、「7ヶ月卵子だけ赤ちゃん」なんて初めてのケースだから。

ジャン・マリーの判断で病院に行ったの。

超音波、尿の妊娠キットでホルモン検査したけど、何も反応はなし。

そしてお腹もまったく大きくならないよ

っていうことは、つまりお腹の中で胎盤も形成されないで産んじゃうの。

だからもちろん「へその緒」なんて最初っからないし。

でも、大丈夫!

マリアママ、ヨゼフパパ、天の人たちがちゃんと「あかねとやよいは生まれるよ」って言ってくれているから。

☆クララの日記より 2月1日(金)雪
 今日の出来事。産婦人科を受診したの。今日も朝から風邪がしんどくて、ずっと寝てた。でも、2日前からパンツにうっすら血がついていて、ちょっと気になってたの。で、今日はクララにしたらかなりの出血があって、ジャン・マリーに見せたの。そしたら「産婦人科に行って検査してきて」って。その時点で、夕方4:00。
コルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワと3人で、雄勝中央病院へ。診察は終っていて、当番は椿先生だった。まずは看護婦さんに、事のいきさつを話したけど、「この子は、何を言ってるんだろう?」って感じだったよ。最終月経もわからないのに、「8月5日に妊娠して、7ヶ月で出産だから、予定日は3月5日です」だもんね。あげくの果てに、どこにも受診してないで自宅で出産。「最終月経もわからないで、どこにも受診しないで、なんで妊娠した日がわかったの?」と看護婦さんに聞かれて、「マリアママが教えてくれたの」って答えたら、あきれられちゃった。それ以上は何も質問されなかった。
 まず、尿をとって診察室へ。椿先生と、研修医、そして看護婦さん。コルベ・マリーも一緒に入ってくれたよ。そして、内診。超音波検査。2枚写真をとって、再度診察室へ。20才から生理が止まってホルモン治療を受けていたこと、去年の8月5日に妊娠して、双子の女の子を7ヶ月で出産すること、あと1ヶ月で出産なのにかなりの量の出血をしていることを話した。超音波の写真には赤ちゃんの影も形もなかった。「流産したとして、もし妊娠初期だったら写らないこともあります」って言われたよ。「でも妊娠の可能性は低い」って。そして、尿検査。妊娠したら出るホルモンで反応するキット。精度は高くて、99.9%って言われてる。それも反応なし。
 Drの診断は「妊娠の可能性は、医学的にはないでしょう。この出血はホルモンのバランスが安定してきて、生理が起こっての出血だと思います」っていうこと。
 帰ってから、マリアママに聞いてもらったよ。「リトル・ペブルさんを救うために、このあかねとやよいを世界に広める戦いは続けてもいいですか?変更したほうがいいですか?変更したほうがよければしるしを下さい。」 ?しるしはなかったよ。次に「続けてもいいなら、しるしを下さい」 ?しるし、あったの。ジャン・マリー、すごく嬉しそうだった。そして「出産の予定日を教えて下さい。」?しるし、なかった。
 
 あかねとやよいは、ちゃんとクララのお腹の中にいる。そしてクララの場合は償いのために延ばされたけど、いよいよ3月19日に双子の女の子が生まれてくるよ。


【世紀の大うそつき女の人さらい(・_・)エッ..? クララの告白録4】
 親にも信頼していなかったんだから、もちろん人を信頼することなんてできなかった。期待もしなくなった。期待して、裏切られて、傷つくのが怖かったの。ちっちゃい時から、親に期待しても無駄だったから、いつの間にか人にも期待しなくなっちゃった。本当は愛のひとかけらでも見たかったのに、見せてくれたのは、けんかして、相手を非難して、家庭ではなく外ばっかり向いてる姿。すごく傷ついた。そんな冷え切った家庭に育って、とっくのとうに、あきらめちゃったんだね。だから、自然と人に対しても傷つかないように、距離を置くようになってた。ある意味で‘どうでもいい’って思ってるの。他人にちっとも興味なんてないし、感情も動かない。でも表向きは、心配したり、気持ちを向ける振りをしてるんだよ。‘優しい’とか‘思いやりがある’とか言われるけど、大うそ。内心は、自分にしか向いていないし、自分しか愛してない。人のことなんて、これぽっちも思ってないんだから。とっても冷めた人間なんだよ。こんなにも自分が人を愛せない人間だとは思わなかった。それを自覚するたびに、みじめだな?って思う。とても悲しくて、いっぱい泣いちゃった。「マリアママ、本当に愛したいから助けてね。昨日よりも今日、ちょっとでも人を愛することができるように、手伝ってね」って、毎朝思うようになったの。

ってことで、今日もマリー・マドレーヌのブログ、よろぴくね♪

http://ameblo.jp/marie-madeleine-rs/
スポンサーサイト



トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FLASH (フラッシュ) 2013年 8/27号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:22時点)



実話ナックルズ 2013年 06月号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:26時点)



最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール
クララ
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美だよ♪ クララはね、ダビド王家のバロネスなの。 どうだ、まいったか! ( 1530年 生きる謎の女 )

クララのツイッターはこちら

クララのユーチューブちゃんねるはこちら
フリーエリア
最新コメント
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR