FC2ブログ

結婚記念日ふたつ。

2019-08-29


昨日は、ロンジン・マリー、フランソワ・マリーの、

それぞれの結婚記念日

で、お祝いは、カレーピラフ

また...(・・?

だって、みんながカレーピラフがいいって言うんだもん。

カレー味って食をそそるもんね。

みんなおいしく食べてくれましたぁ。

マルガリータ・マリア・アラコックねーちゃんも、

ジェンマ・ガルガーニねーちゃんも、喜んでくれたね。

クララもハッピーヽ(^。^)ノ

ダブルで結婚記念日だから、おめでとー×2


ロンジン・マリー・リトル大ヤコボを通して与えられたマリアママ、大ヤコボ、マルガリータ・マリア・アラコック、ジェンマ・ガルガーニ、バルナバからのメッセージ
2019年8月13日(火曜)昼12時 つぐないの日

ロンジン・マリー
「今日、誰が来てくれるの?」

ローキューション
「マリアママ」

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます。お話ください。」

マリアママ
「うたがわないで、そのまま聞きなさい。やさしいマリアが導(みちび)きます。
この初めてのことで、「何が起こるんだろう?」と思っているのは、わかります。信頼しきって!。導きます。さーおいで。あなたに紹介します。マリア・ワルトルタのように見ます。」

ロンジン・マリー
「誰を紹介してくれるの?」

ヴィジョン
 マリアママが一歳のロンジン・マリーの左手を取って導いてくれる。貝がらを胸につけた男の人の前。

ロンジン・マリー
「誰なの?」

ローキューション
「ヤコボ」

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます。お話ください。」

ヤコボ
「やぁーロンジン・マリー。あなたのことはよく知っている。動揺(どうよう)しまくっている事はわかる。」  ここで「ヨゼフ」と「ヨハネ」とダブって字が見えていた。ジャン・マリー神父に悪魔祓いをしてもらっている時、ロンジン・マリーも戦った。

ジャン・マリー
「正しいところから再開してちょ。」

ヤコボ
「ヨハネに導かれて、イエズスを知った。わが師は、やさしさにあふれ、真っ直ぐな私を導き、いつも側にいさせてくれた。ヨハネがいなければ、会うことはなかったであろう。長男は跡(あと)つぎであり、家を守らねばならない。だが、イエズスを知り、何を」  ここで字と声がなくなった。ジャン・マリー神父に悪魔祓いの祈りをしてもらいながら、ロンジン・マリーも戦った。

ロンジン・マリー
「正しいところからお願いします。」

ヤコボ
「世にあるものを守っても、むなしい事だ。守るなら神の栄光を守れ、自分をむなしくし、下げ、低い者と親しくしなさい。私は裕福だった。ヨハネは何も持たず出て行った。やさしいヨハネの行動は私の心を動かした。私はいつもヨハネの後ろにいた。」  また、字と声がなくなった。 ジャン・マリー神父の悪魔祓いの祈りが始められた。 

ヤコボ
「イエズスに会ったとき、わが神、主と悟(さと)った。信じた。他の使徒よりも信じた。ヨハネには負ける。ヨハネのようにいつもイエズスのとなりで愛し合っていたが、無口であった私は、ヨハネを通してイエズスに伝わった。」

ヴィジョン
 後ろから見て右にイエズス、左にヨハネ兄ちゃん、その左にヤコブ兄ちゃん、ヤコブ兄ちゃんがヨハネ兄ちゃんの腕に抱きついて3人で歩いている。その少し離れた後ろに使徒たちがついてきている。

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます、おはなしください」

ヤコボ
「目立つ存在ではなかったが、いつも側にいた。ヨハネの愛とペトロの荒々しさで影は薄かった。そんな私を導き、育ててくれた。宣教(せんきょう)は猛々(たけだけ)しく進み、殉教した。勇敢(ゆうかん)であれ、いつもイエズスと共に歩め。あなたは勇敢だ。宣教に役立つ。進め。祝福する。司祭の祝福をロンジン・マリー・リトル大ヤコボに願う。」

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝 ロンジン・マリー・リトル大ヤコボの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

ヴィジョン
 ヤコボ兄ちゃんが一緒に十字のしるしをしている。

ヤコボ
「行きなさい!勇敢なもの。」

ヴィジョン
 マリアママに手を引かれ「紹介します」と。言葉で「マルガリータ」と聞こえ、黒のベールをかぶった修道服の女の人の前。

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます、おはなしください。」

ヴィジョン
 丸い虫眼鏡(むしめがね)のような形の聖体(せいたい)顕示台(けんじだい)を手に持っている。

マルガリータ・マリア・アラコック(ロンジン・マリーと霊的(れいてき)結婚をした霊的妻)
「愛するロンジン・マリー霊的妻です。愛しています。私を妻として受け入れてくれてありがとう。いつも側にいて、食べさせています。よく噛みしめなさい。早食いで消化ができず、体をこわすことがあり心配しています。あわてず、ゆっくり、噛みしめ味わいなさい。それが癒(いや)しになります。先を見てあわててしまい、イザというとき、こけてしまいます。

 あわてず、あせらず、ゆっくり噛みしめなさい。あなたが私を慕(した)い、抱っこしてくれています。冷たく見られ、苦しんでいる事も知っています。いつも抱きしめています。なぐさめています。そばにいますから忘れないで。妻ですから、何でも打ち明けてください。なぐさめます。あなたが泣くとき、私も泣きます。苦しみをわかちあいましょう。愛しています。我が夫ロンジン・マリー、愛していますよ。祝福します。

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝 ロンジン・マリー・リトル大ヤコボの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

マルガリータ・マリア・アラコック
「また、来ます。」

ヴィジョン
 左手をロンジン・マリーの頭においてくれた。

ヴィジョン
 また、マリアママと手をつないで「次にって」感じで歩いている。マリアママに「おしっこ してきていい?」というと「はい」といわれたので休憩。

 待ってもらっている。

ローキューション
「ジャン・マリーに任せなさい。」ってマリアママ

ロンジン・マリー
「再開してね。」

マリアママ
「愛する我が息子ジャン・マリー、変容はもうすぐ、今日、清め、まっててね。 さー進みます。」

ローキューション
「ジェンマ・ガルガーニです。」

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます、お話ください。」

ジェンマ・ガルガーニ
「ロンジン・マリーありがとう。フランソワ・マリーを導いてくれて、弱い彼は愛に飢(う)え、母を早くなくし、兄弟から見放され、苦しんで生きてきました。いつも陽気に接し、明るく振る舞う彼は本音を打ち明けることができず、何かに没頭(ぼっとう)する事で、気をまぎらわし生きてきました。その中での父の介護(かいご)、苦しみはあったものの、ロンジン・マリーの所へ行く事によって、苦しみは和らぎました。」  ここで悪魔のアタックがあり、字、言葉がわからなくなった。ジャン・マリー神父から悪魔祓いの祈りをしてもらった。

ジェンマ・ガルガーニ
「私の苦しみは司祭にありました。大変な苦しみを味わい、イエズスだけが助けでした。今、フランソワ・マリーのおかれている状態は兄弟、父、いじめからの重ね合わせでジャン・マリー神父を見ています。

 大きいことで威圧感(いあつかん)を感じ、心を閉ざして何も言えなくなっています。母を慕(した)うあなたの心は甘えたくてしょうがありません。ジャン・マリー神父の中は母親です。やさしくフランソワ・マリーの痛みを知ろうとしています。話してください。傷を癒(いや)してくれます。薬を塗ります。こころの中まで。安心しなさい。抱っこしてもいいんですよ。表は父、中は母です。甘えてください。

 クマに見えても、中は幼いイエズスと遊んでいる母です。味わってください。幼いイエズスも待っています。ちっちゃい子になってください。ジェンマもそばにいつもいます。幼い子になってくださいね。本来の可愛さ、やさしさ、甘えん坊でいてください。今までの苦しみは報(むく)われています。あなたも人を子供たちを導けます。信じてください。勇敢(ゆうかん)に働けます。愛しています。

 祝福します。私の甘えん坊、フランソワ・マリー・リトル・バルナバに司祭の祝福をお願いします。」

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝 フランソワ・マリー・リトル・バルナバの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

ジェンマ・ガルガーニ
「そばにいますよ、いつも呼んでください。」

ローキューション
「バルナバー!」と叫んでる。

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます、お話ください。」

バルナバ
「リトル・バルナバ いい。いい名だ。フランソワ・マリーに与えられ、その名を大いに使ってほしい。私はあなたと共に歩む。あなたのやさしさは役に立つ。大いに使え。」  悪魔のアタックで妨害される。ジャン・マリー神父に悪魔祓いの祈りをしてもらった。

バルナバ
「今は、見えなくてもいい、人と比べるな。あなたの味が出る。霊魂は見ている。必ず、見、聞き、味わう。心配するな。あれこれ考えるな。ジャン・マリー神父の助言に完全に従い、信じ、気楽に待て。何も恐れる事はない。私も見せる。子どもでいなさい。「遊ぼー!」と言っている、ちっちゃいイエズスと遊びなさい。遊べー!ちっちゃい子になれー! 祝福する。司祭の祝福をリトル・バルナバ・フランソワ・マリーに願う」

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝 フランソワ・マリー・リトル・バルナバの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

ヴィジョン
 マリアママが一歳のロンジン・マリーの前でしゃがんでロンジン・マリーが「おわりなの?」と聞くと「マリアママが話します。」って言った。

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます、お話ください。」

マリアママ
「ロンジン・マリー、フランソワ・マリー ここまで二人はよく来ました。最初は驚いたでしょう。心配もあったでしょう。短い間にいろいろあった事で困惑(こんわく)したと思います。ジャン・マリー神父の普段の姿と聖なる話の時の違いがあまりにも大きすぎて怖かったと思います。いたずら好きは生まれたときから始まり、あきれていますが、この愛らしい性格は悪気はなく、最後には母の涙を見て、悪さに気付き「ごめんなちゃーい!」といってくれます。「悪いことは悪い!」とはっきり言うので」  ここで悪魔の妨害で困惑させられる。ジャン・マリー神父による悪魔祓いが続けられる。

マリアママ
「その直接さが日本人にとって眉(まゆ)をひそめられ、受け入れられませんでした。曖昧(あいまい)さは逆に人を惑(まど)わします。正しさを知った者だけが、ここに残りました。ジャン・マリー神父のこの性格は変わりません。厳(きび)しく聞こえると思います。これから導く人に対しても必要な事です。私の優しさを伝えても聞き入れられませんでした。最後に神が立てた預言者です。

 これから、ことは進みます。もっとビックリすることが起こります。直接見る、あなたがたは、神のあわれみを見るでしょう。誰一人として、失いたくないのです。地獄に落ちてもらいたくないのです。

 我が愛する息子ジャン・マリー神父は楽しく前に進む勇敢な親分です。恩義(おんぎ)を忘れません。戦う子です。信頼し、安心してついていきなさい。コルベ・マリージョン・リトル・パウロもついてきました。リトル・マグダレーナもついてきました。リトル・マリアもついてきました。長い時を過ごしました。皆が傷ついています。ジャン・マリー神父のいる、ここは傷ついた人の安心できる場所です。ロンジン・マリー、フランソワ・マリー 安心しなさい。今、ここにいるのです。私のマントの中にいるのです。憩(いこ)いなさい、敵からは守られます。ジャン・マリー神父のように戦いなさい。光の戦士です。我が子供たち愛しています。
 
 落ち着きましたね。ロンジン・マリー。ちっちゃい子でいなさい。祝福します。
司祭の祝福をペトロの箱舟の子どもたち、コルベ・マリージョン・リトル・パウロ、リトル・マグダレーナ、リトル・マリア、フランソワ・マリー・リトル・バルナバ、ロンジン・マリー・リトル大ヤコボにお願いします。」

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝ら ペトロの箱舟の子どもたち、コルベ・マリージョン・リトル・パウロ、リトル・マグダレーナ、リトル・マリア、フランソワ・マリー・リトル・バルナバ、ロンジン・マリー・リトル大ヤコボの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

ヴィジョン
 マリアママが立ちあがって、そのまま後ろに下がっていって薄くなって消えた。しばらく待つと、ケルビムちゃんが来た。左を向いた横の姿。

ケルビム
「守ってるからねー!、100万発してるよー!。」

ヴィジョン
 今、フランソワ・マリーの上に行って「つんつん」してる。

ケルビム
「ぼくも見てるよー!」

ロンジン・マリー
「誰が?」

ケルビム
「フランソワ・マリーがぼくを見てるよー!」

ヴィジョン
 飛んで行っちゃって

ロンジン・マリー
「行くのー?」

ケルビム
「行くのー!。おわり。」

状況説明
 13日の償いの日、昼12時からメッセージの開始。
ヴィジョンでマリアママがちっちゃいロンジン・マリーを導いて、手をつないで案内してくれた。マリアママと天の兄ちゃん、天の姉ちゃんのいるところへ来ると、大ヤコボ兄ちゃんの前に来た。貝がらが目に留まった。ウェーブのかかった黒い肩まである髪の毛、黒っぽい茶色のマント、胸に貝がらがついている、マントのしぼり紐のあたり。木でできてるのか杖のような物を持っている。親しげに挨拶(あいさつ)してくれた。低くはないが明るい30代の声、メッセージが終わるとジャン・マリー神父と一緒に十字のしるしをしてくれた。

 次にマリアママの手に引かれ、誰かの前に来たのはマルガリータ・マリア・アラコックねーちゃん、修道服を着ている、妻というより若い、20代、でも落ち着いた、ゆっくりした話し方で噛みしめるとか、以前にもマリアママから言われ、「霊的な話をよく味わいなさい。ゆっくり噛んで深めなさい。」という意味のことをジャン・マリー神父から教わった。自分の足りないところを言われた。マリアママに導かれて次の人へ。途中、おしっこに行きたくなったのでマリアママに聞いて、休憩させてもらった。

 再開して、待ってもらったジェンマ・ガルガーニねーちゃんのところ、髪は真ん中から分け、濃い青色の服、ご絵に似てる美人!きれい!ジェンマ・ガルガーニねーちゃんも苦しんで特に、司祭(カトリック神父)から苦しめられたんだって。苦しみを見せずに笑顔だった。日本人の女性のように高くない声ではきはきしてる。

 次、マリアママと一緒に行こうとすると向こうから「バルナバー!」と言って、こちらに来た。フランソワ・マリーに付けられたリトルバルナバを気に入っている。重そうな冬服?ガウン、赤系の色。背は高くない。淡々(たんたん)と話すのでわかりやすく、はりのある低くない声。元気いっぱいって感じ。

 次はと「おわりかな?」と聞くとマリアママがお話してくれた。マリアママが「今日、メッセージを受ける時、落ち着きましたね。」と励ましてくれた。字幕(じまく)が消えそうになった時、「邪魔するな!うるさい!でてけー!ばかやろー!」と言って悪魔のいちゃもんと戦った。ジャン・マリー神父もたくさん悪魔祓いをし、戦ってくれた。

 最後にケルビムちゃんが登場!いつものようにケルビムちゃんも悪魔と戦ってくれた。
スポンサーサイト



トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FLASH (フラッシュ) 2013年 8/27号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:22時点)



実話ナックルズ 2013年 06月号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:26時点)



最近の記事
月別アーカイブ
フリーエリア
プロフィール

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美

Author:クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美だよ♪ クララはね、ダビド王家のバロネスなの。 どうだ、まいったか! ( 1530年 生きる謎の女 )

ツイッター https://twitter.com/clara_1001

最新コメント
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR