FC2ブログ

あじフライ定食。

2019-08-31


ある日、スーパーの閉店まぎわの時間、

あじフライの冷凍が2枚で50円になりました。

わっ、どうしよう。。

冷凍のフライってうまくできないんだよね。

むかーし、コロッケで破裂させた思い出が。

でも、みんなフライ好きだし、けっこうおっきくて1枚25円、、は買うよね。

ってことで、リベンジフライ。

今度は、うまくできたぁ\(^o^)/

揚げたて、さっくさくで、ちょーべりーぐっど

みんな喜んで食べてくれて、クララもうほうほヽ(^。^)ノ

あじフライ定食1980円、つけとくね


ロンジン・マリー・リトル大ヤコボを通して与えられたコルベ神父と聖人からのメッセージ
2019年8月14日(水)午後1時27分 開始

ロンジン・マリー
「今日、誰が来てくれるの?」 【イメージつくり。一歳のロンジン・マリー】

ヴィジョン
 一歳のロンジン・マリーがちょんと前に出て、ケルビムちゃんではなくて、少し大きい白い寝巻き(パジャマではなく中世の外国人の着る寝巻き)を着た、おかっぱ頭の男の子、羽根がついている。右手を伸ばし、手をつないだ。

ロンジン・マリー
「どこ行くの?だれ?と男の子に聞くと」

ローキューション
「レティツィエル」

ロンジン・マリー
「ちっちゃいねー。」

ヴィジョン
「行くよー。」

ロンジン・マリー
「誰の所へ行くの?」

ヴィジョン
「ここ、コルベ神父さんのご像が出てきた。目の前に大きなご像。」

ロンジン・マリー
「しゃべるのー?」

ヴィジョン
 ご像のコルベ神父さんの口が動いて「しゃべる!」

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます。お話ください。」

ヴィジョン
 ご像のひげがふさふさ、ふわふわしている。白髪まじり、ひげの中に口がある。笑った。

コルベ神父
「話をしよう。ロンジン・マリーとコルベ・マリーとジャン・マリー神父は私の名を持つ、カナダにもコルベの名を持つ者もいた。今は、この3人だけが名を愛し、ここの子供たちだけが、祝ってくれている。親しみ楽しんでくれている。愛の宣教者として日本を選び、何も持たず、導かれるまま訪れ、言葉もわからずに、ただ導かれ」  ここで、悪魔の妨害を受ける。ジャン・マリー神父に悪魔祓いをしてもらった。しばらくすると、

「るまま、マリアママの導くまま着いた。何もなかった、ただ一人。私は日本にとって何であったのであろう?。頑(かたく)なな日本人の心は。」  ここで字とことばを隠され、ジャン・マリー神父に悪魔祓いをしてもらった。

「マリアママの愛を受け継いでほしい。ニエポカラノフでの生活は愛に満ちていたが、私にはその場所ではなく、囚人として下げられ、もっとも苦しむ者のために、命を捧げることを望まれた。一人の命も手放さず、最後まで導き一人も落ちずに見届けた。私の最後には、また、」

ヴィジョンと言葉が同時に
「マリアママから赤と白のかんむりをさしだされ、受け取り天へと昇った。」

ロンジン・マリー
「洗礼名をもらったけど、あんまり知らなくって。」

コルベ神父
「わかっている。親しみなさい。今日の映画は役立つ。ゼノ修道士は私のことをよく知っている、知恵のあるやんちゃな人、忠実だ。よく守ってくれた、精神を。後に続く者は母を捨て、光を見失って、病むものをすて、苦しみをすて、安楽へとすすみ、共に破滅へと導いている。母の元に戻りなさい。決して捨ててはいけない。母は手を差し伸べている。つかみなさい。決して離してはいけない。あなたがの母マリアを求めなさい。「マンマ」と呼びなさい、乳を飲みなさい。愛し合いなさい。共に、助け合いなさい。共に、許しあいなさい。一番弱い者を求めなさい。そこに愛はある。司祭の祝福を私の名を持つコルベ・マリー・ジョン・リトル・パウロ、ロンジン・マリー・リトル・大ヤコボにお願いする。」

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝ら コルベ神父の名を持つ、コルベ・マリージョン・リトルパウロ、ロンジン・マリー・リトル大ヤコボの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

コルベ神父
「ジャン・マリー神父、導きを頼む。祝福する。父と子と聖霊とのみ名によりて。アーメン。頼む。よき導き手。」  ジャン・マリー神父がコルベ神父さんから祝福を受ける。

レティツィエル
「次ぎ行くよー!、セルギウスさん」

セルギウスさん
「久しぶり!、ジャン・マリー神父。あなたは相変わらず、物怖じせず、迫害も楽しみ、一緒に過ごした期間は短い間だったけれど、立派に司祭になり、私セルギウスの道を通った、道を歩み続けている。修道者でありながら、修道者ではない、貧しさの中であって満ちたり」 ここで、いちゃもんが入り悪魔によって邪魔される。ジャン・マリー神父が悪魔祓いする。

セルギウスさん
「ている。幼子路線は誰も気付かない、良いアイデアで、日本人にはないもので、心を開放させ、遠く離れた親の愛を味合わせている。まだ、近づけない者のために、母のぬくもりを伝えてほしい。祝福します。司祭の祝福をペトロの箱舟の子どもたちにお願いします。」

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝ら ペトロの箱舟の子どもたちの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

レティツィエル
「次ぎ!、幼きイエズスのテレジアねえちゃん」

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます、お話ください。」

ヴィジョン
 白いベールが腰の辺りまである。花束を持っている。

幼きイエズスの聖テレジア
「はじめてあなたに、この事を伝えます。ロンジン・マリー気楽に聞いて伝えてください。何も、恐れないで。他を気にしないで、あわてる事はありません。悪いことは起こりません。伝えてください。コルベマリー・リトル大ヤ」  ここで、字と言葉が違った。ジャン・マリー神父に悪魔祓いをしてもらい、字と言葉を正しいところから始めてもらった。

幼きイエズスの聖テレジア
「コルベ・マリー・リトル・パウロ、私の愛する夫(霊的婚姻の夫)、殉教はまもなく果たされます。私と一緒に進みましょう。私が一歩、一歩付き添います。勇気は楯です。何も恐れる事はありません。パウロの口をもって戦えます。敵はおびえ、いてほしくないのです。牙をむくほど弱いのです。しりを叩けば逃げ帰っていくものは、一人で戦うものを恐れます。敵はおびえています。パウロの剣で、もっとおびえさせてください。

 癒されてきています。もっとも戦えるコルベ・マリーです。ジャン・マリー神父に支えられているので戦い続けてください。パウロの剣で一突きしてやってください。

 私の愛の花束を受け取ってください。我が夫、コルベ・マリー・ジョン・リトル・パウロ、私と一緒なら何でもできるでしょう! 愛しています。祝福します。司祭の祝福をコルベ・マリー・ジョン・リトル・パウロにお願いいたします。」

ジャン・マリー神父
「全能の神 父と子と聖霊の祝福が 汝 コルベ・マリー・ジョン・リトル・パウロの上にくだり、常にとどまらんことを。アーメン。」(ラテン語)

ヴィジョン
 花束の中に十字架が見える。コルベ・マリーに差し出され、受け取る。

ロンジン・マリー
「ちょっと休憩していい?、待っててね~。」

レティツィエル
「いいよー」

休憩(あくびが頻繁に出る)

再開

ロンジン・マリー
「長(ジャン・マリー神父の事)の望みです。花束の意味は?」

幼きイエズスの聖テレジア
「私の愛と殉教を遂げさせるためのものです。」

ヴィジョン
 赤色のバラで20本ぐらい、花束の中に十字架の足が見えるか見えないくらいに差し込んである。バラの花は一本一本は柔らかくてしなやかなフワーっとした感じ。今、コルベ・マリーは持っている。

幼きイエズスの聖テレジア
「一に殉教、二に殉教、三、四がなくて五に殉教、心強いでしょう!」

ヴィジョン
 テレジアねえちゃんが後ろにさがって、コルベ・マリーも左へ行った。レティツィエルちゃんが一歳のロンジン・マリーの手をつないでいる。

ロンジン・マリー
「どこいくの?」

レティツィエル
「こっち、カシアノさん」

ロンジン・マリー
「しもべは聞きます、お話ください」

ヴィジョン
 カシアノさんが両手を伸ばし、ロンジン・マリーの手を取って軽く一振り、二振り手をふらせ、安心しなさい。って感じでしてくれた。

カシアノ
「ちっちゃい子はかわいいね。無邪気だ。日本の子どももかわいい。近づいてくるのは子供たちで大人は遠くから覗き見。コルベ神父さんは子供たちが大好きだった。マリアママを愛するあまり、迫害もあった。知らない子供たちのほうがマリアママを受け入れ育った。コルベ神父さんは本を通して、母の愛を教えた。長崎の原爆のとき、多くの子供たちが来た。私は残された子どもたちの母代わりになり育てた。そこから、修道者も出た。コルベ神父さんの精神で続けたが、教会は見捨てた。愛のなくなった教会はあなたたちに引き継がれている。小さいが大きな愛を持つ」  ここでアタックがあり、字、声がなくなった。ジャン・マリー神父に悪魔祓いをしてもらいながら、ロンジン・マリーも悪魔に「邪魔するな、馬鹿やろう」といって戦った。

カシアノ
 続き「小さいがペトロの箱舟は愛の旗を掲げ、マリアママの風に吹かれ進んでいる。傷だらけの箱舟は沈みもせず、船出している。ジャン・マリー神父の舵取りで方向は定められ、順調に進んでいる、途中、沈みかけたがジャン・マリー神父ははしゃぎながら前だけを見て進んでいる。この箱舟は沈みそうに見えて絶対沈まない。ジャン・マリー神父を信頼しなさい。親亀がこけない限り子は背中に乗って遊びなさい。この楽観さが勝利を得る。コルベ神父さんのようにマリアママに預け、導かれていきなさい。祝福します。司祭の祝福をペトロの箱舟の子どもたち全員にお願いします。」

ヴィジョン
 カシアノさんは黒い修道服で腕をまくって前掛けをしている姿。まだロンジン・マリーと両手をつないでいる、また、軽く両手を2回振って「ゼノさんの所へ行きなさい」って左手で「あっち」っていう感じで指差した。左のほうから黒いかばんで顎(あご)ひげたっぷりの左手に鞄(かばん)を提(さ)げた、頭に黒い帽子をかぶったゼノさん。右手で帽子を取って「やー!」って感じでロンジン・マリーの方に来た。

ロンジン・マリー
「どこから来たの?」

ゼノ
「橋!」

ロンジン・マリー
「橋?」

ゼノ
「橋の下!」「たくさんのお家のない子がいるんだよ。ごはんも食べられない子たち、親を亡くし、苦しんでいる。戦争は何も生まない。こんな時でも、たくさん食べている家庭もある。なぜ?周りを見ないでいるのでしょう。ほんの小さな飴でも命をつなげます。私の鞄は」  ここで、また、悪魔からのアタックで何も見えない、聞こえない状態になった。ジャン・マリー神父に悪魔祓いをしてもらった。

ゼノ
「鞄の中は命をつなぎとめるものばかりです。雨がふろうが歩き続けます。愛に飢えた子供たちのために惜(お)しみません。今も傷ついた子供たちはたくさんいます。教会は口先だけです。

 ジャン・マリー神父の作った「ヨゼフパパファンクラブ」は傷ついた子供たちに飴を与えてくれます。他でもありません。ここのみが本当の愛を知ることのできる場所です。ジャン・マリーに導かれなさい。コルベ神父様の精神はここにあります。

 3人は殉教しますが、コルベ神父様が共にいます。ジャン・マリー神父に導かれなさい。変容しますよ。喜びなさい。リトル・マグダレーナ、パラダイスに行きますよ。待っていてください。「ごめんなちゃい、あなたといっしょに永遠にいたい。」いい 祈りです。子供たちに受けます。それぞれの賜物を生かし将来の子供たちを導いてください。ゼノ 応援します。祝福します。司祭の祝福をペトロの箱舟の子どもたち全員にお願いします。」

ヴィジョン
 ゼノさんが振り向いてまた、橋のほうへ歩いていった。レティツィエルちゃんが降りてきてロンジン・マリーの横に並んで「守ってるからねー!。自信もってね。」

ヴィジョン
「大きくなるよ」といって大きくなって、観察開始、頭より羽が上に飛び出して、畳んでいる状態から、ちょっと広げて見せてくれた。畳んだ時の羽根はひざの高さまであり、広げると腕より少し長い。ちょっとスリムな羽根、足元、ビーチサンダルみたいな形のものを履いている。

 服は白の薄い寝巻き(中世)みたいだけどガーゼみたいに柔らかく見える。ふわふわしてる。髪は金髪でウェーヴのかかった長髪。顔は卵型、力強い濃いまゆ毛、目力があり、鼻は細めで口は薄い、外国の俳優さんみたい。、ハンサム。ほほ骨はちょっと高い、あごはなめらか。今、ちっちゃいロンジン・マリーと同じ高さに戻った。

レティツィエル
「行こー!帰るよ!」

ロンジン・マリー
「終わりー?」

レティツィエル
「終わりー!」と手を振って行っちゃった。

ジャン・マリー神父
「状況説明 いっていい?」

レティツィエル
「いいよー。」

状況説明
 メッセージを準備をして祈りが終わった。
今日の案内はレティツィエルちゃん。一番目はコルベ神父様兄ちゃんが祝ってくれてありがとう、マリアママを求めなさいって。
コルベ神父様兄ちゃんは落ち着いたゆっくりな話し方、「おかあさん」という印象。

 次、セルギウスさんのところへ、親しそうに話をしてくれた、明るく、いつも冗談を言ったりして楽しそうな雰囲気。

次に、テレジア姉ちゃん、花束を持ってきたよ。たくさんの花を抱いてきた。コルベ・マリーに励ましと「立派に愛の殉教をとげさせるために」って言うしるしに花束をあげたよ。

 次にカシアノさん、「安心しなさい」っと言って手を差し伸べてくれた。子ども好きのカシアノさん、傷だらけの箱舟の子供たちを励ましてくれたよ。次にゼノさんを待っていると寅さん風に出てきた。ゼノさんもかわいそうな子供たちのことを話してくれた。コルベ神父さまも共にいるのでジャン・マリー神父に導かれなさいって。

 ゼノさんが帰った後、レティツィエルちゃんがずーといるので、待つと「大きくなるよー」と言って一歳のロンジン・マリーと同じくらいのからでっかくなって姿を見せてくれた。羽根を広げて見せてくれた。レティツィエルちゃんが「終わり!」といって手を振って、行っちゃったー。おわり。
スポンサーサイト



トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

FLASH (フラッシュ) 2013年 8/27号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:22時点)



実話ナックルズ 2013年 06月号 [雑誌]

中古価格
¥1から
(2017/1/26 16:26時点)



最近の記事
月別アーカイブ
プロフィール

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美

Author:クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美
リトル・ペブルの「ヨゼフパパファンクラブ」の クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美だよ♪ クララはね、ダビド王家のバロネスなの。 どうだ、まいったか! ( 1530年 生きる謎の女 )

ツイッター https://twitter.com/clara_1001

ユーチューブ https://www.youtube.com/channel/UCwiPqVRl2pM3ERSc-TfvSCg

フリーエリア
最新コメント
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR