春の上映会

2012-04-17



久しぶりの上映会は、クララのセレクト2本立て。

この映画が見たくてレンタル待ち、それで久しぶり~になったんだけど。

1990年代のアルジェリアにあるフランスの修道院で起こったほんとの話。

そこのイスラム教の村人たちにとって、修道院は診療所で、修道士さんたちは一緒に働き援助してくる存在だったの。

宗教の壁を越えて、お互いに尊敬し助け合って仲良くしていたんだよ。

でも次第に内戦が激しくなって、テロが頻発していく・・。

そして修道院も過激派に狙われ、修道士さんたちはそこに残留するか、帰国するかの選択を迫られる。

一人ひとりがその選択に苦悩するんだけど、全員が居残ることに決めたの。

村の人たちを見放せないこと、何よりかけがえのない仲間たちと一緒にかみちゃまのところへ行こうって。

それは死を覚悟の上での決断だったんだよ。

でも彼らはこの世ではなく、かみちゃまのもとでみんなで永遠に生きることを望んだのね。

いい映画だったと思うし、1990年代にもそんな人たちがいたんだっていうことが、クララはとっても嬉しかったな
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
フリーエリア
プロフィール

クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美

Author:クララ・ヨゼファ・メネンデス阿部由美
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR